記事一覧

真面目に書いてます

本日の参加メンバーは、こんな感じ。

遠藤 中谷 太田 長谷川 横川 野澤 幸太 ビジター(関根)

今日は、寒かったし、人も少なかった。

今日は、メンバー編成は、人が少なかったけど、生きのいい感じで、編成できた。

久し振りに、ボールが生きている感を、近くでみる事ができ、最年少が打つボールも、見せて貰った。

遠藤班でも、ちょっとだけ、混ざってくれ、打っているボールも、打っている姿も、なかなか刺激を受けるね。

10代・20代が、打っているボールを、俺が取れるのかな?なんて思いながら、自分の目が、スーパーコピーどんな感じに対応して、反応するか?

自分自身が、久し振りに、ワクワクした。

それはそうと、遠藤班の皆は、生きの感じに打っているボールをどうすればいいか?と思っているかも知れないけど、取れないのは、当然だし、皆、無理と思っている感じが、俺にも感じた。

でも、今日の練習で後半は、青木班・遠藤班合同練習になったが、青木班のメンバーは、打ってくるボールを、自分の形で、打ち返す事、遠藤班は、打ってくるボールをみて、目をならすこと。

ボールが取れない事、反応が間に合わないことは、いつも行っている練習を、もっと確実に出来る事が大事な事を、分かって貰うため。

青木班でも、遠藤班でも、もっと確実にやらないといけない事が、甘くなっているから、ミスが出やすくなっている。

ストロークも、そしてボレーも。

誰を相手にしているから、ちゃんとやろうとか、ここは、手を抜いていいみたいな感じは、必ず、ここ一番でのミスに繋がる。

寒い中での練習だったので、4時間で疲れて大変だと思うので、優しく見てあげたいですが、疲れたときに、色んな余計な物が、削がれていくと思っている遠藤は、疲れたときこそ、変化への一歩があると思っていますので、次回からの、練習も頑張って欲しいです。

また、こんな事を書いて、面白くもない報告になっている思います。

次回は、3月に入りますので、かなり暖かくなっていると思いたいので、皆さんの参加をお待ちしてます。